◆Maison de Clair◆

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
みずたま 11:05

母の四十九日法要も終わり、いつもと変わらない毎日を過ごしています。

箪笥の上に飾ってある、もうこの世にいない家族の写真に、母の遺影も仲間入りです。

 

毎朝、写真なってしまった愛するひとたちに

 

「生きてるかーい?死んでるよ〜〜〜」

 

と一人でボケつっこみ。

 

それを聞いた次女子が

 

「次はお母さんの番だね。うひひ」

 

とイタズラっぽい顔で言いやがります。

 

 

写真が嫌いだった母。

遺影もイマイチ、仏頂面で笑えます。

 

気性が激しく、気難しかった母。

でも、亡くなった今となっては

優しかった母の姿だけ思い出される。

 

母は、大変おしゃれなひとでした。

洋服も、こんなにどうするのというくらい持っていて、ちょっと着ると

気が済むのか、よく私に洋服をくれまたした。

 

結婚前、母にもらったブルー地にみずたま模様のシフォンのツーピース。

着ると大人の女性になったような気がして、とても気に入っていました。

 

 

ですから、このワンピースを見たとたん、20代前半の私にタイムスリップしてしまった。

 

今の私が着るとちょっとおばあちゃんっぽいけれど、まあ、リアルおばあちゃまなので仕方ない。

 

今年の夏は、このワンピースで長野にお出かけしようと思います。

 

 

ノアもクレールも、大変元気です。

 

先日した血液検査の結果も良好。

毎日の私の癒し。

 

| お洒落日和 | comments(4) | - | posted by ノアママン - -
花の名前 11:20

まだ肌寒い今年の4月。

 

遅咲きの桜が散るころ、昨年の父に続き母もあっけなく逝ってしまいました。

 

父とは別れるまで一週間ありましたが、母は会えた時には父のもとへ旅立ったあとでした。

 

母は家でひとりで亡くなっていましたので、実家に私が到着したときには、刑事さんが大勢いました。

混乱する中、病院から帰ってきた母。

 

大勢の人の手で布団に寝かされた母の顔は、とてもとても安らかで美しかった。

 

 

亡くなる前日の夕方、電話で話したのが母の声を聞いた最後になりました。

いつもは、小言ばかりの電話だったのに、最後の電話は私の幸せを願う話ばかり。

 

 

「今度あったら、いいことあると思うよ」

 

 

これが母の最期の言葉。

なにか楽しいサプライズを考えていたようで、今となってはそれもわからずじまいになりました。

 

 

 

 

これから、親孝行をと思っていた矢先でしたので、悲しみは深く。

 

実家の庭に咲いていた花は桜なのか、桃なのか、ボケなのか。

 

もう、花の名前を聞く人もいない。

 

面影に尋ねても、ただ微笑むだけで。

 

| 日々 | comments(2) | - | posted by ノアママン - -
レーシーなバッグと軍手ネコ 11:35

 

先生のHPとリゼッタのHPに、軍手ネコの記事がUPされていてうれしいのなんの!

そうして、私の下半身ぱんぱんのネコがちらりと見本に(嬉!)

 

そして私もちらりと登場してるし!

 

参加するって素晴らしいです〜

 

今、この世に参加しているのですものね!

今を生きてる実感がすがすがしいです!

 

 

今、編んでるのは、エコアンダリアのバッグ。

これも苦戦しましたが、なんとかカタチになって

この夏には持てそうです。

 

 

 

 

ここのところ、占いにご縁があるみたいです。

 

数秘術だと、22の私。

 

50歳で一度人生を終え、また一から出直しみたいです。

 

人生が二度あるのねーとやれやれ。

 

ただいま、小学生くらいの第二の人生の私。

いろんなものを吸収しています(笑)

| 手仕事 | comments(2) | - | posted by ノアママン - -
軍手ネコのWSに 17:21

花冷えというよりも、冬のような寒さの中

15年ぶり、いや20年ぶり?

くらい久々にWSに参加してきました。

 

場所は鎌倉のリゼッタ。

鎌倉に来たのはこれまた25年ぶりくらいかも。

 

 

先生のご指導のもと、軍手を縫い縫い。

そしてちょきちょき。

 

綿をぐいぐい。

びっくりするぐらいの量の綿をつめていきます。

 

 

3時間ほどで出来上がった私の軍手ネコ。

なぜか、超下半身ふっくら。

そうして、がにまた。

 

足とおなかに綿を詰め終わったあと

これでいいのか、不安で

 

「あのう、これでいいですか?」

 

通りかかった先生に聞いてみると

 

「ああ!」

 

と言って優しい先生は、がにまたのぶさいくな私のネコを見るなり

ぎゅっと胸に抱きしめてくださって

 

「これでいいんですよ」

 

と愛おしそうに言ってくださいました。
 

 

後ろの列の右から二番目がママン作。

がにまたで座れないので、立ったままなのでノッポにみえます。

 

 

腕も短いし、首と胸が一緒の太さだし

 

 

横から見ると、妊婦みたいなおなかだし。

 

それでもかわいいかわいい私の軍手ネコ。

 

大切にするよ!

 

冷たい雨の中、何度も手提げのなかのネコを撫でながら

心の中でスキップして、どこも寄らず

まっすぐ鎌倉から伊豆地方に帰ってきました。

 

途中、車窓の向こうに咲いている、たくさんの桜を見ながら。

 

 

| 手仕事 | comments(0) | - | posted by ノアママン - -
かぎ針編みの靴下 09:53

 

ばんざーーーーい!

 

かぎ針で靴下が編めました!

うれしすぎる・・・・・

 

今回もNHKのテキストをじーーーっくり見て作りました。

 

途中何度か編み直ししましたが、完成!!

 

 

ハンドウォーマーに比べると、上達しました〜

 

 

履いてみました。

 

増し目はスムーズにできましたが、減らし目がなぜかなかなか減らなくて。

 

減るのがきらいな性格なので(笑)

 

きつめの仕上がりでしたが、靴下はきつめが穴があきにくくていいみたいです。

 

 

でも、もったいなくて、はけない(笑)

 

これくらい編めれば、着れるものが編めるかなーー

 

 

 

 

甘酒生活。

 

はまりにはまっています。

 

この3か月、毎朝甘酒朝ごはん。

今は豆乳をかけるのがお気に入り。

 

 

近所に糀屋さんがあるのを教えてもらって、買って甘酒を作ってみましたら

 

それはそれは、優しいお味の甘酒ができました。

 

父に食べさせてあげたら、どんなに喜んだろうか。

 

おいしいものを食べるたび、亡くなったひとたちを思い出す。

 

編むことも食べることも、丁寧な生活はすべて祈りかもしれない。

 

 

 

| 手仕事 | comments(2) | - | posted by ノアママン - -
<< | 2/12 | >>