◆Maison de Clair◆

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
花の名前 11:20

まだ肌寒い今年の4月。

 

遅咲きの桜が散るころ、昨年の父に続き母もあっけなく逝ってしまいました。

 

父とは別れるまで一週間ありましたが、母は会えた時には父のもとへ旅立ったあとでした。

 

母は家でひとりで亡くなっていましたので、実家に私が到着したときには、刑事さんが大勢いました。

混乱する中、病院から帰ってきた母。

 

大勢の人の手で布団に寝かされた母の顔は、とてもとても安らかで美しかった。

 

 

亡くなる前日の夕方、電話で話したのが母の声を聞いた最後になりました。

いつもは、小言ばかりの電話だったのに、最後の電話は私の幸せを願う話ばかり。

 

 

「今度あったら、いいことあると思うよ」

 

 

これが母の最期の言葉。

なにか楽しいサプライズを考えていたようで、今となってはそれもわからずじまいになりました。

 

 

 

 

これから、親孝行をと思っていた矢先でしたので、悲しみは深く。

 

実家の庭に咲いていた花は桜なのか、桃なのか、ボケなのか。

 

もう、花の名前を聞く人もいない。

 

面影に尋ねても、ただ微笑むだけで。

 

| 日々 | comments(2) | - | posted by ノアママン - -
Comment








ママン

突然のことで驚きました・・・
心からお悔やみ申し上げます

自分が若い時は、親なんていつまでもいるのがあたり前、
なんて思っていたけれど、
年1回会うたび、電話で話すたび、
歳とったなぁって感じる今日この頃
なんか、ビミョーな危機感らしきものすら感じてます
離れているからそう思うのかもしれないけれどね


お母様にとって、ママンは自慢の娘だったんでしょうね
今頃は、きっとお父様とママンの話をしているよ


お母様のご冥福をお祈りします
posted by kayoko | 2017/04/30 1:57 PM |
かよちゃん、淋しくなりました。

私は自慢の娘どころか(笑)
悩みのタネだったと思う〜
心配ばかりかけました。

かよちゃんとこは、ご両親と離れているものね。
たまに会うと、急に年を取ったなあと感じるの、わかります。
残された時間、どうか大切にしてくださいね。
私は、もう一度、旅行に行きたかったと思うたび、涙がでます。

優しいお言葉ありがとう^^
元気出ました。
posted by ノアママン | 2017/05/09 8:46 AM |
<< NEW | TOP | OLD>>